まとば整骨院は、JR的場駅より徒歩5分の川越市にある整骨院です

万が一、事故に遭ってしまったら…簡易マニュアル

 

交通事故万が一、交通事故に遭ってしまった場合に、パニックになり、
どうしていいか分からなくなってしまわないよう、
事故の時の対応を分かりやすく簡単にまとめました。
いざという時に的確な対応ができるよう、心の準備をしておきましょう。

 

負傷者の確認・救護 119番

 

負傷者がいる場合には、何よりもまず救急車を呼び、
必要に応じて応急救護を行います。
交通事故として119番に連絡した場合には、警察にも報告が入ります。

また、二次災害を防ぐために、負傷者を動かせるようなら端へ移動させ、
車を路肩によせて停止表示板を立てるなどといった配慮も必要です。
救護義務を怠ると、懲役や罰金を受けます。

 

警察への届け出 110番

 

些細な事故であっても、必ず110番へ電話し、警察への届け出をします。
頭がまっ白になってパニックになることもありますが、
その場合はあせらずに一呼吸おいて、冷静に状況を伝えるようにします。
通行人に依頼してもかまいません。
なお、第一報を警察に入れた場合は、救急車の必要も同時に確認されますので、
負傷者がいることを伝えれば119番は必要ありません。

保険手続きをする時に、警察の事故証明書がないと、
保険金を受け取ることができません。

 

警察への届け出 110番

 

相手の名前と住所、電話番号、勤務先、生年月日などを聞いておきます。
ナンバープレートも控えておきます。
相手方の保険会社(自賠責保険・任意保険)が分かる場合には、
証券番号や連絡先も確認します。
できれば、免許証番号や車検証も確認しておくと良いです。
当然ですが、同じように自分の情報も相手に伝えます。

デジカメや携帯電話のカメラで事故現場を撮影し、
現場の様子や相手方の言い分など、様々なことをメモしておくと良いでしょう。

 

警察への届け出 110番

 

どのような事故でも、保険会社に相談します。
後から法外な賠償金や高額な治療費を要求されることがありますので、
あわてている事故現場での口約束、示談は禁物です。
また、「私が全て支払います」などという念書は絶対に書かないようにします。

 

▲PageTop

 

ご質問・ご相談などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。TEL:049-234-8855 9:00~12:00/15:00~20:00 日・祝休診メールでのお問い合わせ

各種保険取り扱い 各種健康保険/交通事故(自賠責保険)/労災保険

足圧・整体・超短波マッサージ…リラグぜーションや治療の補助に。自由診療も行っております。

万が一、事故に遭ってしまったら…簡易マニュアル

アクセス

診療受付時間

休診日

まとば整骨院スタッフブログ 豆知識・施術日記など

Copyright (c) Matoba Seikotsuin All Rights Reserved.